お斎の席で

法要の後には、故人の供養と参列行へのお礼をかねて、精進落としのお斎(会食)が設けられます。
供養ですから、会食を欠席したり、途中で抜けたりすることのないようにスケジュールを調整しておきましょう。
席順は施主が指示する場合もありますが、そうでなければ、最上席に僧侶、故人とゆかりの深い人、年長者からに上座に座るようにします。 施主の挨拶の後、献杯をして会食が始まります。

お斎でのマナー

最近は、ホテルなどで豪華な料理が供されることも珍しくはありませんが、本来は精進料理ですので、淡泊なメニューで構成されるものです。
豪華な食事を期待するのもいけませんが、期待していた料理と違っても、まずそうな顔をしたり、嫌いだからと残したりすることのないようにしましょう。
「宴会」と称することもありますが、大声で冗談をいい合ったり、お酒を飲み過ぎて騒いだりするのはマナー違反です。
故人の思い出を語り合うなど、追善供養の会にふさわしい話題を心がけたいものです。
施主とお話をするのもよいでしょう。

返礼品が配られたら終了

会食が終了するころ、施主は返礼品を配ります。
会食終了のサインでもありますので、食べ残しがないように料理をいただき、お酒のおかわりなどはしないようにします。

心に残る家族葬なら返礼品など全て含めた葬儀が出来ます。

人気の家族葬なら59万5千円で、通夜・告別式・式中初七日をする葬儀が出来ます。
祭壇や仏衣など必要な備品はもちろん、通夜振舞い・精進落し・返礼品など、葬儀に必要なものは全て含まれています。
葬儀で悩む喪主の方やご遺族の方、是非ご相談下さい。
心に残る家族葬[http://www.sougiya.biz/]

献杯を頼まれたら

施主の挨拶の後、献杯をして会食が始まります。
乾杯ではなく、「けんぱい」と発声しますので、間違えないようにしましょう。
また、隣の人とグラスを合わせたり、拍手をしてはいけません。
献杯は、直系ではない親戚や、故人と親しかった友人が行います。
で突然頼まれることもありますので、基本の挨拶を覚えておくとよいでしょう。
まずは自己紹介をして、故人との関係、あるいは故人の思い出やエピソードを短く語り、唱和のお願いをして、遺影にグラスを掲げるようにして献杯をします。

四十九日の法要で、会社の同僚が献杯をする場合

献杯のご指名をいただきました、△△ソフト会社の田中一郎です。
○○さんとは同期の入社で、同じ部署で開発の仕事をしてきました。
無口な者同士でしたが、なぜか気が合い、いっしょにゴルフをしたものです。
もうその機会もないのかと思うと切なくなりますが、○○さんのご冥福を祈って献杯をしたいと思います。
それでは、ご唱和をお願いいたします。
「献杯」
ありがとうございました。

言葉が浮かばなかったら

突然「献杯」を頼まれて、何を話していいか困ってしまうことがあります。
そういうときは、自己紹介をして、「グラスをお持ちください」「ご唱和をお願いします」とだけ言い、「献杯」をするとよいでしょう。
「ありがとうございました」と、唱和のお礼も忘れないようにします。
親族の場合は、「義弟の山田和夫です。本日は○○の一周忌の法要に参列いただきまして、ありがとうございました」などと、一般の参列者にお礼を述べます。

スピーチを頼まれたら

法要では、スピーチを頼まれることがあります。
難しく考えず、遺族への励ましやいたわりの心を込め、短くまとめるようにします。
特に決まりはありませんので、素直な気持ちをわかりやすい言葉で表現するとよいでしょう。

スピーチの流れ

・自己紹介
・故人との関係
・故人の思い出やエピソード
・亡くなって間もない法要では遺族をいたわる言葉を入れる
・故人の冥福を祈る

一周忌の法要で、友人がスピーチする場合

本日は、○○さんの一周忌にお招きいただき、恐縮でございます。
友人の△△花子です。
○○さんとは、中学の水泳部で知り合って以来、親しくさせていただきました。
学生時代はもちろん、就職、結婚、そして子供ができてからも、よいお友達で、○○さんはいつも明るく、私のグチをにこにこと聞いてくれました。
○○さんとお別れしてから1年になりますが、今でも時々、あのやさしい声がするような気がして、励まされるのでございます。
あらためて、○○さんのご冥福をお祈り申しあげます。

お別れ会・偲ぶ会に招かれたら

「御香料」「御花料」を持参します。

お別れ会・偲ぶ会とは

お別れ会は、家族で密葬をすませた後、日をあらためて開催されるもので、葬儀の数日後から仏式の忌明けにあたる四十九目までに行われます。
遺族ではなく、友人が主催する場合もあります。
偲ぶ会は一川忌や三回忌などに開催される、文字通り故人を偲ぶ集まりで、友人や知人が発起人となって開催されることがあります。
遺族主催のお別れ会は、出席するのが礼儀です。案内状をもらったら、すぐに出欠の返事を出します。

お別れ会・偲ぶ会の服装

お別れ会は告別式や四十九日法要の代わりとして行われることが多いのですが、仏式の法要のように読経や焼香の儀式はありません。
特に案内状に記載がなければ、地味な色のスーツを着用すればよいでしょう。
偲ぶ会も同様に、やはり地味な色の外出着を選ぶのが無難です。

香典を包む場合

お別れ会では、お別れの言葉や献花の後で会食になることがほとんどです。
案内状に「御香典、御供物は遠慮いたします」などと書かれていなければ、食事代くらいの現金を包むのが普通です。
金額は、自分の年齢・地位にもよりますが、1~2万円が一般的です。
会費制の場合は、会費で十分です。
あらためて「御香典」などを包むと、かえって相手に負担をかけることになります。

欠席する場合

遺族主催のお別れ会は、なるべくなら出席したいものです。
遺族は、故人とのお別れをいっしょにしてほしいと思って開くからです。
やむをえない事情で欠席する場合は、出欠はがきを出した後、あらためて欠席をわびる手紙を出すと丁寧でしょう。
案内状に「御香典は遠慮します」と明記されていなければ、「御香典」と表書きした不祝儀袋か、白い封筒に「御花料」「志」と表書ききして、現金を送ります。
不祝儀袋のマナーに関する詳細情報はこちら
金額は通常の香典と同額と考えてよいでしょう。
友人・知人が胤催する偲ぶ会などでは、出欠はがきにおわびの言葉を添えるようにします。

お別れ会の欠席をわびる手紙

このたびは○○さんのお別れ会にお招きいただき、恐れ入ります。
○○さんとは、高校時代からの親友で、何かと力になっていただきました。
ぜひ出席して、お別れをさせていただきたいところですが、あいにくと母が病床にあり、目が離せません。
折りを見て、お参りにうかがいます。
○○さんはスイートピーの花が大好きでした。
心ばかりでございますが、お花代を同封いたします。

お別れ会を開催するには

友人が集まってお別れ会を開催したいときは、遺族の了解を取るのが先決です。
お別れ会や偲ぶ会のプロデュースは、ホテルや葬儀社でも受け付けています。
遺族と相談し、ビデオや写真を展示するなど、故人にふさわしいものにしましょう。

スピーチを頼まれたら

お別れ会も偲ぶ会も宗教儀式にとらわれない、自由な形となっています。
スピーチは、まず招かれたお礼、自己紹介、故人の思い出やエピソードなどを紹介します。
・招かれたお礼
・自己紹介
・故人の思い出やエピソード

お別れ会のスピーチ例

本日は、○○さんのお別れ会にお招きいただき、恐縮でございます。
△△出版の山田一郎と申します。
○○さんは、皆さんご存じのように、冴えたひとコママンガを描くことで有名な売れっ子イラストレーターでした。
最初にお会いしたのは、新人の私が原稿取りにうかがったときでした。
(中略)人柄は温厚でマジメで、マンガとのギャップに拍子抜けしたことを、昨日のことのように思い出します。
もう会えないと思うと寂しいかぎりですが、○○さんのご冥福を心からお祈りし。ご挨拶とさせていただきます。

偲ぶ会のスピーチ例

偲ぶ会は一周忌、五回忌の節目の行われることが普通です。
故人の思い出やエピソードなどをフランクにお話するとよいでしょう。

偲ぶ会のスピーチ例

本日は、「△△先生を偲ぶ会」にお招きいただきまして、ありがとうございます。
私は○○大学、社会人コースで△△先生にお世話になった佐藤春子と申します。
医療関係の卸のお仕事をされていた△△先生は、定年退職後、○○大学の社会人コースで「医療と福祉」の講義を担当されていました。
私たち生徒は、看護師や放射線技師など医療関係者であることが多かったのですが、先生は、いつも「医療は患者のためにあるものです」と、あるべき医療について熱く語られていました。(中略)
先生のご遺志を継ぎ、少しでも温かい医療が実現できるよう、これからも努力してまいります。

このページの先頭へ

イメージ画像